キャッシュレス

スマホ送金アプリpring(プリン)でキャッシュカードレス化が実現する?

pring(プリン)というアプリを知っていますか?
「お金コミュニケーションアプリ」がキャッチフレーズのスマートフォンの送金アプリです。

キャッシュレス決済が普及した後は、個人間の送金やATMの使い勝手が問われるのではないでしょうか?このpring(プリン)を使えばそれらの問題は解消されると思います。

なぜならpring(プリン)で銀行口座間の送金や個人間の送金をスマホひとつで完了することができるアプリだからです。手数料も無料です。

概要や使い方などを紹介していきます。

pring(プリン)を利用するメリット

銀行間、個人間の送金がスマホ一つで完結する

pring(プリン)送金

A銀行のお金を出金してB銀行へ入金することって結構ありますよね。

その場合もpringを使えば、銀行やコンビニへ行かなくてもお金の送金が可能です。

【従来の方法】

銀行またはコンビニへ行く → 出金 → 入金

の流れだったのが、

【pringを使用する方法】

アプリ内で 銀行 → アプリへチャージ → 銀行へ戻す

これで完結します。

 

現時点でご利用可能な銀行は以下の銀行です。

みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、イオン銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、愛知銀行、阿波銀行、伊予銀行、SBJ銀行、愛媛銀行、関西みらい銀行、北九州銀行、紀陽銀行、熊本銀行、群馬銀行、京葉銀行、滋賀銀行、四国銀行、七十七銀行、親和銀行、じぶん銀行、スルガ銀行、千葉銀行、筑波銀行、東邦銀行、八十二銀行、百十四銀行、広島銀行、北洋銀行、北海道銀行、宮崎銀行、武蔵野銀行、琉球銀行

その他金融機関については順次追加される予定です。徐々に取り扱える銀行は増えています。

 

1円単位でお金の受け渡しが可能

今、細かいお金がないから後で渡すね。

そんな経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

そういった場面で1円単位で送金できるのは助かります。

pring(プリン)は銀行口座からのチャージや現金出金の手数料がすべて無料!

一般的にコンビニATMから出金する際や他のアプリを使用した場合100円~300円の手数料がかかります。

pring(プリン)なら金額に関わらずアプリへのチャージや現金の出金もすべてが無料です。

※チャージは1日1回無料、2回目以降220円

※銀行へ戻すのは月に4回まで無料、2回目以降220円

とてもお得ですね。

メッセージ付でお金のやりとりができる

送金と同時にメッセージでコミュニケーションをとることができるのもpring(プリン)の特徴です。

親から子への小遣いや仕送りにも一言添えることができますね。お礼の言葉も伝えやすいのではないでしょうか。

キャッシュカードを持ち歩かなくてもいい

スマホがあればセブンイレブンで出金することができるので、キャッシュレスならぬキャッシュカードレス化が実現します。

セブン銀行ATMの「カードを使わない番号入力での取引」から出金が可能です。

pring(プリン)の使い方

pring(プリン)はiOSAndroidにも対応しています。

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。

ポイントサイトを経由してダウンロードすると200円分のポイントがもらえます。

登録がまだの方は↓↓のワラウから

遊べるポイントサイト ワラウ

ワラウに登録すると最大800円分のポイントがもらえます。

初期設定の流れ

以下の流れで銀行の登録まで行います。

1.「さぁ、プリンをはじめよう」をタップ

2.利用規約に同意する

3.端末認証→新規登録をする

4.SMSに届いた認証番号を入力して、「次へ」をタップ

5.新規登録をタップする

6.パスワード設定をして会員情報を登録

7.続けて銀行口座を登録するをタップします。

登録が完了すると以下のメニューを使用することができます。

お金をおくる・もらう

pring(プリン)メニュー

操作は非常にシンプルです。

目の前に送る相手がいる場合はQRコード

離れた場所にいる場合はSMSかLINEで送ることができます。

お金をはらう

対応店舗でQRコード払いが可能です。

QRコードを読み取るか、自分のコードを読み取ってもらうと決済可能です。

しかし、デメリットとして対応している店舗がまだ少ないです。

pring(プリン)自体の送金金額は右肩上がりだそうですので、取り扱い店舗は今後増加する見込みです。

チャージする・お金をもどす

登録した銀行からチャージしたり、戻すことが可能です。

銀行を選択して、金額を入力するだけなので10秒で終わります。

まとめ:pring(プリン)を使って手間なくお金をやりとりしよう

・pringは個人間送金の手数料が無料

・銀行口座からのチャージや現金出金も無料

友人や家族との間でお金の受け渡しがある方であればpringを利用するのがオススメです。

「この前のお金、次会ったときに渡します」みたいなやりとりはpring(プリン)の中で完結してしまいます。

 

 

-キャッシュレス
-, , ,

© 2020 KEITABLOG Powered by AFFINGER5