キャッシュレス

PayPay(ペイペイ)はkyashとの組み合わせが最強!

2020年2月9日更新

 

みなさんはPayPayを使っていますか?

QRコード決済の王道として多くの方に使われてきたPayPayですが、2020年2月1日にポイント還元率に変更がありました。

この変更の影響で、2月以降ヤフーカードからのPayPayチャージでポイントが付与されなくなりました。

実質常時2.5%還元だったのですが、1.5%還元に改悪されてしまいました。

 

PayPayはもうお得じゃないの?

大丈夫です!

まだまだお得に使えますし、ちょっとした工夫でさらにお得に使える方法がありますよ!

 

このまま1.5%でも十分お得なんですが、ちょっとした設定一つでもっとお得PayPayを使うことができます。

 

 

《この記事はこんな方へおススメ》

・PayPayを使っている方
・買い物はできるだけお得にしたい方
・キャッシュレス決済を使おうと考えている方

以下でもっとお得なPayPayの使い方を解説します。

 

PayPayの還元率を2%以上に上げる方法

還元率2%

確実に還元率を2%以上にする方法があります

 

 

PayPayにKyashを紐づけて還元率2%

PayPayにはVISAのプリペイドカード「kyash」を紐づけることができますので、kyashの紐付けを還元率1%以上のクレジットカードにすればいいのです。

 

そうするとkyash(1%還元)+クレジットカード(1%)で2%の還元が可能です。

 

PayPay残高やヤフーカードで支払うと1.5%還元でしたが、Kyash紐づけで2%還元にアップします。

 

 

Kyashって何?って方は

 

以下の記事で詳しく解説しています。

  ↓  ↓  ↓  ↓

⇒ VISAのプリペイドカードKyashとは?

 

 

 

PayPayにKyashを紐づけする注意点

 

 

PayPayにKyashを紐づけする注意点が3つあります。

・基本的にPayPayボーナスが付かない
・キャンペーンのボーナスが貰えない
・1か月の上限が5000円まで

 

 

基本的にPayPayからは全くポイントがもらえないということです。

 

しかし、「どうしてもPayPayボーナスが欲しい!」といった場合やお得なキャンペーンを開催中のときもありますよね?

 

そういった場合は、「支払い方法」を

クレジットカード → PayPay残高

に変更するだけでいいんです。

 

お得なキャンペーン中は「PayPay残高」

何もやってないときは「クレジットカード」を紐づけすれば賢く使い分けることができます。

 

 

 

PayPayにKyashを紐づけるメリット

PayPayにKyashを紐づけるメリットは還元率2%だけではありません。

以下のメリットが挙げられます

 

《メリット》

・Kyashでチャージすると端数切捨てを軽減できる
・貯めたいポイントが貯められる

順番に解説していきます。

 

 

Kyashでチャージすると端数切捨てを軽減

Kyashで軽減できるわけではありませんが、紐づけするクレジットカードの種類によってはポイント端数の切り捨てを抑えることができます。

 

その理由は以下の通り

PayPay残高 ・・・ 100円で1.5%付与/会計毎

Kyash   ・・・ 100円で1.0%付与/会計毎

良心的なクレカ・・・100円で1.0%付与/月合算

例)ヤフーカード・・・100円で1.0%付与/会計毎

例)イオンカード・・・ 200円で1.0%付与/会計毎

 

Kyashへチャージするクレジットカードを1ヶ月の利用金額合算で計算してくれるカードにすれば、買い物毎の端数切り捨てを最小限に抑えることができます。

 

使えば使うほどこの差は大きくなっていきますので、たかが端数と言えど無視できません。

 

《利用金額合算計算のクレジットカード》

・楽天カード
・オリコカード

※他にもありますので、詳細については以下の記事でご確認いただけます。

 

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⇒利用金額月額の良心的なクレカ

 

 

PayPayにKyashを紐づけすると貯めたいポイントが貯められる

Kyashに紐づけるクレジットカードの種類によって貯められるポイントが変わります。

 

これはユーザーによりけりですが、楽天スーパーポイントが欲しい方は楽天カードを紐づければいいですし、Amazonで使えるポイントが欲しい方なんかはOKIDOKIポイントで提携しているJCBカードでもいいですよね。

 

昔はヤフーカード一択でしたが、改悪により選択肢が広がったと言えます。

 

 

まとめ  PayPayの便利さを使い、他でポイントをもらおう!

PayPayKyashと紐づける方がポイント還元率が高いというお話でした。

 

使い分けの判断ポイントは下記です。

《PayPay×Kyashの使い分け》

・PayPayのキャンペーン中は「PayPay残高」決済
・PayPayが使える店ではPayPay,
 使えない店ではKyashを使う
・還元率2%よりお得なキャンペーンがあれば
 他の決済方法で支払う

 

メリットと注意点を下記にまとめました

《PayPay×Kyashのメリットと注意点》

・還元率が2%以上
・好きなポイントが貯められ、分散しにくい
・クレジットカードのメリットを最大限に活かせる
・PayPayボーナスは貰えない
・1か月、5000円が上限

 

PayPayやKyashのことをもっと知りたい方は下記の記事でご確認ください!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

 

⇒ Kyash Card発行開始!変更点まとめ

⇒ VISAのプリカKyashとは?

⇒ PayPayの概要と使い方

 

 

《他のおすすめ記事》

⇒ 25%還元できるマイナポイントって何?
⇒ 3月のお得なPay(ペイ)
⇒ クレカ払いでポイントを損している?

 

 

 

-キャッシュレス
-, , ,

© 2020 KEITABLOG Powered by AFFINGER5