キャッシュレス決済のデメリットを解消する方法

キャッシュレス決済のデメリット キャッシュレス

今回はキャッシュレス決済デメリットについてのお話です。

キャッシュレス決済をすると特定のお店での買い物で5%の還元を受けられる制度が始まりました。

またPayPayなどは頻繁にキャンペーンを実施するので、上手に使えば必ず恩恵はあると思います。

しかし、キャッシュレス決済だと残金がいくらなのか分かりにくいので必要以上に使いすぎてしまったり、
翌月のクレジットカード請求額をみてビックリ!という経験は誰でもあるのではないでしょうか?

使い過ぎを防ぐいい方法はないのかな?

使い過ぎを解消する方法がありますので、

是非試してみてください

キャッシュレス決済で使い過ぎてしまうデメリットを解消する方法を紹介します。

 

キャッシュレス決済で使い過ぎる理由

現金に比べるとキャッシュレス決済はお金を使いやすい傾向にあります。

理由はお金を見ることも触れることもなく買い物ができてしまうため、現金で買い物をする時よりも脳が反応しにくいと言われています。お金が減ることに対する痛みを感じにくいのです。

また手元にお金がない場合でも購入することができるため、銀行口座にいくら預金があるか把握していなくても買えてしまいます。

 

キャッシュレス決済で使い過ぎない方法

お金を使い過ぎないようにするためには、予算を決めてそれを守ることが必要です。

現金の場合は使っていい金額だけ財布に入れておけばよかったですが、キャッシュレスだとそうもいきません。

あといくら使えるのか把握できていないと、使い過ぎてしまいます。

予算を決める

毎月の予算を決めて下さい。

家計簿をつけている方は毎月の予算を決めているでしょうか?

意外と多いのは家計簿をつけているけど、予算は決めておらず収入内でなんとかしているという方。

我が家も昔はそうでしたが、計画的に貯蓄しようと考えるなら、予算を決めてその中で運用していかないと、今余裕があるのかないのかわかりません。

オススメなのは下記のような予算の組み方です。

〇固定費 ・・・毎月固定の費用(住宅費、保険、通信費、小遣い、学費など)

〇生活費 ・・・ないと生活できないもの(食費、日用品、ガソリン、薬、医療費など)

〇娯楽費 ・・・なくても生活できるもの(衣服、外食、酒、煙草など)

〇特別費 ・・・大きな出費(家電、旅行、高額出費など)
 ※年間の予算を決めておく

突発的な出費は年間の予算(特別費)で対応し、それ以外の項目は毎月の予算を守って運用していきます。

 

予算を守る

予算を守るためには残金がいくらなのかを把握する必要があります。

どうやって把握したらいいのか?

以下の方法があります。

〇家計簿を小まめにつける

〇クレジットカードやQRコード決済アプリの総額を確認する

〇家計簿アプリを使用する

 

家計簿を小まめにつける

家計簿をつけることはオススメです。

家計の現状を把握することで、節約すべき部分が明確になるからです。

またデータを蓄積することで年間を通じた計画がし易くなり、予算も決めやすいです。

しかし、月の途中で残金を把握するとなると小まめに家計簿を更新する必要があります。

まめな方は大丈夫かもしれませんが、半月や1か月でまとめて記入(入力)したいって方には向いていません。

 

クレジットカードやQRコード決済アプリの総額を確認する

決済方法

クレジットカードやQRコードのアプリでは今月の請求額を確認できます。

計算しなくても合計金額がすぐにわかりますね。

しかし、以下のようなデメリットもあります。

〇クレジットカードを複数使用すると合算できない。

〇予算の項目別で管理できない。

シンプルに出費の把握だけなら、可能です。

 

家計簿アプリを使用する

スマホの家計簿管理アプリを使用すれば、項目別に出費を管理することができます。

アプリへまめに入力する必要があります。ただし項目を選ぶのが煩わしいと感じることもあります。

アプリには無料有料といろいろなものがありますので、自分に合うものを探してみるのも手です。

 

オススメの管理方法

オススメの管理方法は以下の通りです。

私は家計簿をExcel入力していますが、毎日入力できるほどまめではないので
メモを残して月末に入力します。

Excel家計簿だけでは残金が分からなくなってしまうので、
「残高now」という無料アプリを使用しています。

 

月初めに予算を入力して、お金を使う度に金額を入力するだけです。
アプリが残高を記憶していますので、次回起動時は現在の残高が表示されます。

 

非常にシンプルなアプリです。ズボラな自分でもうまく使えています。

こともの小遣い管理にも使えるアプリです。

 

残高now(App Store)

‎残高now
‎今の残高を確認するという事のみにこだわった究極にシンプルなアプリ『残高now』です。 目的は、残高を確認する事のみ。 その分、余分な機能も設定も一切なく、誰にでも分かりやすく使いやすいアプリです。 使い方は簡単! 最初に残高を設定したら、後はお金が増えた時(入金)と使った時(出金)に、その金額を入力してボタンを押...

※注意 iOSしか使うことができません。

 

まとめ ~キャッシュレス決済のデメリットを解消するには~

キャッシュレス決済のデメリットは下記で解消しましょう。

〇予算を決める
 ・項目別に予算を決める
 ・大きな出費は年間予算で管理

〇予算を守る
 ・家計簿のまめな管理
 ・アプリで残金確認

キャッシュレス決済は便利ですし、ポイント還元などメリットも多いです。

しかし、便利だからといって使い過ぎてしまっては元も子もありません。

きちんと予算を守って使い過ぎないように心がけて賢くメリットを享受しましょう。